上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中耳炎のその後ですが、今週も少々ありました。
水曜日の朝病院に連れていくと、そのままお預けになり2回目のオトスコープをすることに!
経過観察のつもりで病院に連れて行ったマル嫁はびっくり。

「聞いてないよ~アタチがびっくりよ。」
2710251.jpg


ホームドクターが先週末の耳研(学会)でマルコの治療について
先生方にいろいろ聞いてくださったところ、
1回目のオトスコープ治療後に容態は安定しているものの
やはりMRIで確認された左鼓室胞の影の正体は
組織を採ってよく調べた方がいいとのご意見があったようです。

疑われるのは、炎症によるポリープ、、、もしくは腫瘍。
ポリープであればオトスコープのハサミでつまんで取れるかもしれないし
腫瘍化であれば外科的治療が必要で鼓室胞ごと切除するしかないとの見解。
いずれにしても、心の準備なく今月3回目の全身麻酔をすることになるとは。

夜になって連絡があり、夫婦で迎えに行くとホームドクターの第一声はまず朗報。
腫瘍でもポリープでもなく、やはり耳毛や垢などの異物による炎症とのことでした。
1回目同様、オトスコープによる異物除去・洗浄は3時間にもおよびましたが
動画を見せてもらうとだいぶキレイになっていて安心したのもつかの間。
左右とも鼓膜が見当たらず。。。
破れて鼓室の方に落ちてしまったのか完全に無くなっていました。
この状態だと鼓膜の再生は困難で、
今後、耳毛や垢などの異物がスルーして鼓室に侵入してしまうのは
避けることはできないとのことでした。

でどうするかですが、
(全身麻酔を伴う)オトスコープ処置を一生続けるのかと心配しましたが、、、
日常生活に支障はないので様子をみることになり、
今後は耳のケアは一切自宅ではせずに病院で処置してもらうことに。
もしまた耳毛や垢などの異物が溜まり眼振など前庭疾患の症状が再発した時は
異物を溶かし無くす点耳薬で治療をすることも考えるようです。


当のマルコはすこぶる元気です。
鼓膜は全くないのですが、家で様々な実験をしてみると明らかにしっかり聴こえています。
素人考えですが、もともと鼓膜が長らく機能していなかったので
骨伝導が発達したのか、感性が研ぎ澄まされて聴こえているのだと思います。

「 Don't think,feel. 」
2710252.jpg

「今夜も応援~?これいつまで続くの~?」
2710254.jpg

マルル。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pugmaruko.blog.fc2.com/tb.php/183-9f917e2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。